男性ホルモンと男性更年期

テストステロン(男性ホルモン)の一日の分泌量の変化と、アロマトリートメント♪

テストステロン(男性ホルモン)は一日の中で分泌量が変化(日内変動します。
資料を基に自分がわかりやすいようにグラフを描いてみました♪

年代ごとの、テストステロンの日内変動

まずは、年代別がこちら↓

(グラフの下の数字は、時間です。
9時⇒11時⇒13時・・・・と時間の経過を表しています)

分泌量が多く、一日の中で分泌量の差(アップダウン)が大きいのは20~30代。
年齢を重ねるにつれてテストステロンの分泌量は減り、さらに分泌量のアップダウンも少なくなっていきます。

ただ、グラフを見ていただけるとわかると思いますが、
年齢が上がるほどにテストステロン分泌量が低くなっていくかというと、そうとも言えません。
こちらのグラフでは、40~50代は60代以上よりもテストステロン値が低くなっています。

40~50代は、様々な面で、多大なストレスがかかりやすい時期。
仕事においては、
現場で活躍する部下を育て、監督する立場であったり、若手の時とは比べものにならない責任に加え、上司と部下の間で板挟みになってしまうようなことも。
身体は以前と比べて、
疲労感の抜けにくさ、仕事に取り組むうえでの集中力や気力の低下など、いわゆる「年齢を感じる」ような不調が目立ち始めたり、
家庭では、
お子様が巣立つ前や巣立ちの時とも重なり、環境の「変化」が。
(変化は、悪いことではなく良いことであっても、ストレスになる場合があります)

(ミドルエイジ男性を取り巻く環境については↓のブログも参考にしていただけると幸いです。)

男性ホルモンが急激に低下する理由とは。。。実は、男性更年期障害の診断は、お医者様にとっても、とても難しいそうです。 それは、男性更年期障害があらわれると考えられる年齢(40〜5...

ストレスは、男性ホルモンの分泌を減少させてしまう、大きな原因の一つ。
ストレスに対抗するためのホルモンを作ることが優先されるために、男性ホルモンの製造は二の次となってしまうのです。
そういった意味で、ミドルエイジ男性にとても大きなストレスがかかっていることがわかるグラフでもあります。

頑張れるところまで頑張って、疲れたら休日にたくさん寝て休めば大丈夫と思っている男性も多いかと思いますが、
「ストレスケアを意識的に行うこと」が、
男性ホルモンの分泌を下げないことや、仕事や健康の質を維持し、さらに高めるためにも、大切になってくるのかなと思います。
自分が心から「楽しい」と思える時間や、こうすると気持ちが休まるといった「リラックス」できる時間をしっかりと確保すること。
もちろん、暴飲暴食や不規則な生活リズムは、身体のベースを根本的に乱す原因となってしまいますので、睡眠やバランスのとれた食事を意識することも忘れないでくださいね♪

↑のグラフは、

こちらの本の中のグラフを参考にさせて頂きました。
「男性更年期が気になって」とおっしゃるお客様も多いのですが、おすすめの本の一つです♪

テストステロンの日内変動

テストステロンの日内変動のグラフをもう一つ。
平均的なイメージ図と思っていただけると幸いです。

(グラフの下の数字は、時間の経過となります。8時⇒10時⇒12時・・・・)
こちらは、大東製薬工業株式会社さんの「テストステロン分泌のコントロールについて」内のグラフを参考にさせて頂きました。

テストステロンは、深夜、寝ている間に作られるため、
午前中は分泌量が高く、
お昼前後から徐々に低下し始め、
夜には分泌量はかなり低下。
そして、また眠っている間に作られる、
というリズムを繰り返しています。

LHRHの分泌は約90分の周期でパルス状に分泌され、それを受けてテストステロンの分泌も一日の間にパルス状に変動しており、約15分毎に刻々と変化していると言われています。
また、一般に一日の中では夜明け前から午前中にかけてのテストステロンレベルが高いようです。

大東製薬工業株式会社「テストステロン分泌のコントロールについて」より引用させて頂きました。

テストステロンの分泌量が、想像より短時間で変化することにびっくりΣ(゚ロ゚;)

ビジネスパーソンは、
やる気や気力、学習能力を高めてくれるテストステロンが多い時間帯である「午前中」に、重要な決め事や集中力を要求される仕事をすることがオススメ。
また「脳」は、起床後は活発に活動をしていますが、時間が経つにつれて疲れていきますので、そういった意味でも、重要度の高い仕事は午前中、早い時間から優先的に処理していく方が良いかと。
そして、テストステロンが作られる深夜には、しっかりと睡眠をとることが重要となります。

さて、年代別のグラフでも、平均的なグラフでも、お昼過ぎから15時ぐらいまでの間に、テストステロンの分泌量がストンと落ちていることが、気になります。
テストステロンを分泌するように指令を出すのは脳。
脳は起床から8時間後に活動が著しく低下すると読んだのですが、それも関係があるのでしょうか。
午後の早い時間は、脳をフル回転させるようなお仕事は避けて、シンプルだったり、体を動かすような内容のお仕事がオススメかもしれません。

ストレスケアとしてのアロマトリートメント

ストレスケアや身体のバランスを整える方法として、
アロマトリートメントはとても有効です♪
(アロマトリートメントがどのように身体に影響するかについては↓を参考にしていただけると幸いです)

アロマテラピーが身体に作用するメカニズムアロマテラピー(芳香療法)が心身に影響を及ぼすメカニズムについて説明をしたいと思います。 私達は普段どのように「におい」を感じているの...

ストレス過多で、身体が緊張状態になりやすい男性には、
意識をしなくとも、心(脳)と体の両方を緩めてくれます。

2つのグラフを参考に。
午前中のテストステロンが高く、身体が活発になっている時間帯にトリートメントを受け、午後には仕事。そんなお客様の場合は、
トリートメントオイルには、テストステロンの分泌低下に備えて、テストステロンを上げてくれるような効果が期待できる精油をブレンド、

更年期女性と男性ホルモン(男性ホルモンを上げる精油)♪先日、日本Men`s Health医学会の学会をこっそり聴いてきました♪ www.mens-health.jp 以前から...

トリートメント中の香りもリラックスし過ぎるものではなく、交感神経と副交感神経のバランスを整えるようなものを(心身のバランスを整えるゼラニウム精油や気持ちをリフレッシュさせるレモン精油など)。
逆に、お仕事後、夜のお時間帯にご来店のお客様には、
睡眠中に男性ホルモンがしっかりと作られるよう、
睡眠の質を高め、副交感神経を優位にするような効果が期待できる精油がいいかな(ビターオレンジの葉を水蒸気蒸留したプチグレン精油や、安眠の香りとしても知られるマジョラム精油など)。

トリートメントタイムとして、テストステロンがストンと落ちる12時~15時までのお時間帯は、脳の休息時間としてもいいかもしれませんね♪

アロマサロンSASARAE
https://www.sasarae.com
初台駅より徒歩約5分
プライベートサロン
エサレン®ボディーワーク
男性のための本格アロマテラピーサロン
営業時間
10:00~23:00
(午前中のご予約は前日22:00までの受付となります。
最終受付20:00)
03-6276-5122