日々いろいろ

佐渡に行ってきました♪

先月末、佐渡へ行ってきましたヾ(*´ω`)ノ゙
用事の合間に、観光もがっつりしてきちゃったので(笑)それについて書こうと思います♪

佐渡へは、初旅♪
新潟駅からバスで約15分の新潟港佐渡汽船乗り場からフェリーに乗って向かいます(タクシーだと1000円ぐらいです)。

www.sadokisen.co.jp

乗り場にはお手製の佐渡情報が書かれた新聞が貼ってあり、そこで情報収集♪

f:id:sasarae:20180703102548j:plain f:id:sasarae:20180703102620j:plain

可愛い手書きの新聞に、テンションが高まります。
お土産情報ばかり写真撮りましたが(笑)、観光情報もがっつりのっているので本当オススメです♪

フェリーは、ジェットフォイル(佐渡までの所要時間1時間5分)とカーフェリー(所要時間2時間30分)の2種類があるのですが、
今回は、時間とお値段と相談の上、カーフェリーでのんびり♪
(カーフェリーは席の種類によってお値段がかなり異なります。スイートルームなんかは広い個室にベッドもあったりで、ホテルのお部屋みたい!)
行きのカーフェリーの中で、さっそく佐渡おすすめのお土産「佐渡バタークリームサンドクッキー」「佐渡汽船限定 佐渡産ル・レクチェカステラ」を買い、

f:id:sasarae:20180703104816j:plain

新潟限定の噂のサラダホープなどなどと一緒につまみつつ(どれだけ食べるんだ、ですよね(笑))、海を見ながら2時間30分の船旅を満喫。
個人的には、ル・レクチェカステラがとっても美味しかったです!
お天気がよかったこともあって、外のベンチで海を見ながら、友人と話をしていたらあっという間に佐渡に着いてしまいました!

f:id:sasarae:20180703105552j:plain

大野亀

f:id:sasarae:20180703110938j:plain

佐渡の北に位置するこちらの巨大な岩は、「神様が降り立つ場所」「神が宿る岩」として昔から神聖な場所と考えられてきました。
私が行った時には、写真の黄色い花「トビシマカンゾウ」の見頃は終わってしまっていたのですが、カンゾウの花が咲き乱れる時期は絶景なのだそうです♪

f:id:sasarae:20180703112545j:plain

大野亀の麓には鳥居が。

f:id:sasarae:20180703112717j:plain f:id:sasarae:20180703113100j:plain

f:id:sasarae:20180703113130j:plain
奥に見えるのは、2匹の亀がうずくまっているように見える二ツ亀という島。
長い遊歩道は海沿いに続いており、広大な景色をのんびりと満喫。

二ツ亀

f:id:sasarae:20180703120401j:plain

大野亀から車で5分程度。
佐渡随一の海水の透明度を誇る海岸で、夏は海水浴場としても賑わうようです。
砂利の浜辺で、波が寄せて返す度に、石が転がるシャラシャラとした音が。
奥に見える大野亀を見ながらボーッと。。癒されます♪

f:id:sasarae:20180703121206j:plain

二ツ亀にはこんな面白標識もあったりします(笑)

f:id:sasarae:20180703122009j:plain

キロ数がすごい(笑)

北で佐渡の自然を満喫したところで、今度は南でたらい舟に乗るため車を走らせます(笑)
途中、佐渡で大人気の海カフェ「しまふうみ」さんで遅いランチを♪

しまふうみ

f:id:sasarae:20180703122715j:plain
(しまふうみさんHPshimafumiよりお写真を引用)
真野湾を見ながらのテラス席でのお食事は最高でした(((o(*゚∀゚*)o)))
テラス席を見た瞬間に「うわ!!」と思わず声が上がります♪
私達の後に来たカップルさんも女性は大喜び!男性はドヤ顔でした(笑)
お店は全体的に可愛い雰囲気。

f:id:sasarae:20180703123144j:plain f:id:sasarae:20180703124020j:plain

f:id:sasarae:20180703123214j:plain
注文したランチを席に届ける際の目印に、と可愛いパンダのぬいぐるみが渡されます。
こんな目印は初めて(笑)

f:id:sasarae:20180703124049j:plain f:id:sasarae:20180703123358j:plain

お食事にもかなりのこだわりが。

佐渡島にあります「しまふうみ」はとなりに日本海を臨んだ海辺のベーカリーカフェです。
自家製酵母でじっくりと醗酵させて焼き上げたパンと、手作りのお菓子・彩々の佐渡産の食材を生かした料理を、島の風光明媚な景色のもとお召し上がりになれます。
地元のお客様はもちろん、佐渡にいらしたお客様・ご家族のみなさまでのご来店もお勧めです。
しまふうみは”島の風味”にあやかって、食と自然豊かな佐渡島の魅力を多くのお客様にお伝え出来れば良いなという思いのもと2011年よりスタートいたしました。
“しま”ならではの良いところを発信していけるように、今後とも一生懸命がんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
(HPより引用)

f:id:sasarae:20180703124125j:plain

佐渡のお野菜を使ったベジタブルサンドは絶品♪
他にはル・レクチェとクリームチーズのサンドウィッチなんかもあり、ランチとは別購入しちゃいました(笑)

度津神社

神社好きの私としては佐渡の神社もチェックしておかないと!
というわけで、佐渡の一ノ宮である度津(ワタツ)神社へ。

f:id:sasarae:20180703131059j:plain f:id:sasarae:20180703131120j:plain

f:id:sasarae:20180703131148j:plain
「植林の神様」としても崇められる五十猛命という神様がお祀りされていることもあって、境内にはたくさんの木々と、木の濃厚な香りが。。
とても厳かで落ち着く雰囲気の素敵な神社さんです。
佐渡にはたくさんの小さな神社があるのですが、神主さんが常駐している神社はこちらと真野宮ぐらいだそうです(真野宮は参拝時、残念ながら神主さんはご不在でした泣)

f:id:sasarae:20180703131728j:plain

ここで、少し変わった神社をご紹介♪

二ツ岩大明神

こちらは「団三郎」という佐渡の狸たちの頭領であった、伝説の狸を祀った神社になります。
森の中、鳥居が続く道は、さながらジブリの世界♪

f:id:sasarae:20180706102427j:plain f:id:sasarae:20180706102457j:plain

ただ、本堂は屋根などが壊れていて、入ることが出来なかったことと、蜂が出るようなので参拝する際には注意してください。

はんぎり(たらい舟)

f:id:sasarae:20180706103434j:plain

桶を半分に切ったことから「はんぎり」とも呼ばれるたらい舟。
体験出来る場所は何か所かあるようなのですが(↑の写真は、矢島経島でのたらい舟体験です)、今回、私は宿根木でたらい舟体験をしてきました♪
宿根木は、昔ながらの町並みが大切に保存されている場所で、レトロな雰囲気。
着いたのが夕方だったので、まち歩きは出来ませんでしたが、ゆっくり歩くのも面白そうです。

shukunegi.com 

コースの詳細
体験コース
【Aコース】大人(中学生以上)800円/子ども(5歳以上)500円/所要時間約15分 湾内(千石船繋留停泊地)〜楽島
【Bコース】大人(中学生以上)1500円/子ども(5歳以上)1000円/所要時間約25分 湾内〜湾外 中ノ島
【Cコース】大人(中学生以上)2000円/子ども(5歳以上)1500円/所要時間約35分 湾内〜湾外 中ノ島 平島
【夕凪夕陽コース】大人(中学生以上)1000円/子ども(5歳以上)500円/所要時間約15分 ※要予約

予約不要(但し、夕凪夕陽コース要予約)
※気象、波浪状態によりコース変更、運休の場合があります。また安全のため、救命胴衣の着用をお願いしております。

f:id:sasarae:20180706105208j:plain
いい感じに日焼けした、オジサマが漕いでくださります♪
はんぎりはオジサマのお手製なのだそうです!
底が透明な箱?も用意されていて、水中の様子を楽しむことも。
森のように海藻が揺らぐ水中を、様々なお魚が泳いでいて、とても楽しい!

f:id:sasarae:20180706110715j:plain

時刻はちょうど、日が落ちる頃。

海と空の境目がないゼロ海抜の世界はとても幻想的でした♪

f:id:sasarae:20180706111458j:plain

こちらご希望の方は、オジサマが飼っているワンちゃんと一緒に舟に乗ることも出来るのだそうです!(犬好きの方は必見。ワンちゃんのファンの方もいて、一緒に乗りたくて来る方も多いのだとか♪)
はんぎり、とても面白かったです!今度は昼間に行ってみたいなぁ!

佐渡のラピュタ(北沢浮遊選鉱場)

宿泊したホテルで、夜間ライトアップをしている場所があるとのことで行ってきました♪

f:id:sasarae:20180706112808j:plain
(さど観光ナビより写真引用)

昭和12(1937)年に建造された月間5万トンの鉱石処理能力を持つ選鉱施設。当時最先端の技術であった浮遊選鉱によって、明治時代以来最高の産金量を記録した。昭和27(1952)年の鉱山大縮小に伴い、施設は廃止され、現在では建物の基礎のみが残されている。

昼間は行ってないのでわからないのですが、広大でレトロな施設に草木が生い茂る様子はまるで、ラピュタの世界なのだそうです。
夜間ライトアップの様子がこちら。

f:id:sasarae:20180706113251j:plainf:id:sasarae:20180706113320j:plainf:id:sasarae:20180706113342j:plain

青、ピンク、緑、白、赤、、などなど時間によって次々に色が変わっていきます。
綺麗ではあったのですが、、、、正直施設の大きさと廃墟感に圧倒されてしまって、、おっかなーーー!! (笑)
色々な意味でドキドキ感を味わいたい方にオススメ♪
ライトアップは2018年10月31日まで。
時間は19時〜21時までの2時間です。

佐渡、とてもリフレッシュできました♪
森が多く、海の透明度も高くて、見ているだけで楽しかったですヾ(*´∀`*)ノ
それになにより食べ物が美味しい!!!(笑)
少し行きづらい場所ではありますが、船旅も含め、普段の旅とは少し違った新鮮さもありました♪
皆様、機会があったら是非佐渡に、のんびり旅をしに行ってみてください(人´3`*)