日々いろいろ

あやしい絵展に行ってきました

少し前に、東京国立近代美術館で開催中の『あやしい絵展』に行ってきました。

「あやしい」という言葉には、妖しい、怪しい、奇しいなど、さまざまな漢字を当てはめることができます。

いすれにも共通するのは、いわゆる「キレイ」「見ていて心地よい」とは少し違う、神秘的で不可思議、奇怪な様子を表していることです。

グロテスク、エロティック、退廃的、神秘的、ミステリアス・・・

そのような「美しい」だけでは括ることのできない魅力を持つ作品を、本展では「あやしい絵」としてご紹介します。

あやしい絵展ホームページより引用』

看板を見て、開催前から気になっていた美術展。

稲垣仲静「猫」↓

独特な雰囲気。
この美術展、普通の美術展とはちょっと違う感じです。

歌川国芳「源頼光公舘土蜘作妖怪図」↓

ユーモラスで可愛い妖怪たち。

アルフォンス・ミュシャ「ラ・トスカ」↓

ダンテ・ガブリエル・ロセッティ「マドンナ・ピエトラ」↓

谷崎潤一郎「人魚の嘆き」水島爾保布 挿絵↓

妖艶な美しさ。
撮影は不可でしたが、藤島武二「婦人と朝顔」や鏑木清方「妖魚」も、
どこか怖さも含んだ美しさがあって、とても印象に残っています。

すごい迫力だなぁと慄いたのは、
「表面的な美への抵抗」というテーマで集められた絵たち。
内面の生々しさがあらわれる絵は、とにかく迫力がすごく、
「撮影可になっているけれど、怖くて撮影できない(゚Д゚;)」と思ったり(笑)

岡本神草「拳を打てる三人の舞妓の習作」↓

個人的に好きだなぁと思った絵。
島成園「おんな(旧題名・黒髪の誇り)」↓

人間の、ギリギリの、
何かそんな一面を垣間見た気持ちです。
とても面白い美術展でした。

アロマサロンSASARAE
https://www.sasarae.com
初台駅より徒歩約5分
プライベートサロン
エサレン®ボディーワーク
男性のための本格アロマテラピーサロン
営業時間
10:00~23:00
(午前中のご予約は前日22:00までの受付となります。
最終受付20:00
当日のご予約受付は12:00~20:00まで)
03-6276-5122