男性ホルモンと男性更年期

更年期に男性の身体の中で何が起きているのか(ホルモン編)

男性更年期障害
年齢を重ねるにつれて、男性ホルモンが低下し、バランスが崩れ、そのことが原因であらわれる様々な心身の不調

ですが、実は血中のテストステロンの量は、年を重ねても、ほとんど変わりません!

以前男性ホルモンについて書いた記事の中で、
男性ホルモン(テストステロン)の約98%は、男性ホルモンとしての力をブロックしてしまうタンパク質とくっついており、
男性ホルモンとしての力を発揮出来るのはたった2%ほど!
(この男性ホルモンとしての力を発揮できるものをフリーテストステロンといいます)
そして約98%のうち、半数は男性ホルモンと離れやすいタンパク質とくっついてますが(力を発揮する男性ホルモン予備軍)、残りの半数はがっちりと、完全に力を発揮出来ないようにするタンパク質とくっついていることをお伝えしました。

年をとると、
血中のテストステロンの総量は以前とほとんど変わりませんが、
男性ホルモンの力を完全に発揮出来ないようにするタンパク質が増え、完全に力を封印されてしまう男性ホルモンの割合が増えます。
結果的に、フリーテストステロン及びその予備軍の数が減っていってしまうのです。
また、体に幅広く分布する、男性ホルモンの力を発揮するための鍵である男性ホルモン受容体
受容体数も加齢と共に減り、また若い時と比べて、男性ホルモンに対する反応が悪くなります。

そうすると、男性ホルモンの働きが出来にくくなってしまい

  • 性欲の低下
  • 精子の減少
  • 体脂肪の増加(テストステロンはエネルギーの消費を高めて、脂肪の分解を促進させることで体脂肪を減少させてくれる)
  • 筋肉量・骨密度の減少

などが起こっていきます。

また、テストステロンは、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンや、やる気ホルモンであるドーパミンの分泌にも関与しており、テストステロンが低下すると、セロトニンやドーパミンの分泌量も低下してしまいます。
そうすると、気分の落ち込みや、やる気が出ない、無気力など心理面で大きな影響がでてしまうのです。

副腎で作られる男性ホルモンの一種「DHEA」も個人差はあれど、減少していきます。
DHEAは、 血中ではDHEA-Sという形で存在するのですが、
DHEA-Sは、6〜7歳頃から増え始め、13歳頃にピークに達し、25歳までピークを維持した後は、加齢と共に直線的に減少してしまうそうです。
DHEAは男性ホルモンや女性ホルモンの元になるだけでなく、多くのホルモンの元にもなっているため、マザーホルモンとも呼ばれ、

  • 肥満予防
  • 糖尿病予防
  • 動脈硬化予防
  • 記憶維持

など様々なよい効果をもたらすことが研究によりわかってきており「長寿ホルモン」「若返りホルモン」としても、近年注目を浴びています。
このホルモンが減少すると、やはり

  • 脂肪がつきやすくなる
  • 物忘れが多くなる

など、といったことが起こりやすくなります。

私達の筋肉を発達させたり、骨を伸ばしたり、代謝をあげるホルモンである成長ホルモン
成長ホルモンの分泌も思春期をピークに30歳頃から低下していきます。
成長ホルモンの分泌が低下すると、代謝が下がり、内臓脂肪がつきやすくなったり、筋肉が減少してしまいます。(ここでも脂肪の増加と筋肉の減少!)

「脂肪」と「テストステロン」は悪循環の仲

最近の研究で、体脂肪が増えると、脂肪細胞からアロマターゼという酵素が出てテストステロンを女性ホルモン(エストロゲン)に変えてしまう!ことがわかりました。
テストステロンが減ってきているという時に、その貴重なテストステロンが更に減少してしまうのです。
「メタボの方はテストステロン値が低い」こと、「テストステロン値が低いとメタボになりやすい」こと、も研究でわかっており、まるで「卵が先か、鶏が先か」のようです。

更年期の男性のホルモン環境は、
男性ホルモン(テストステロン・DHEA)に加えて、男性ホルモンに大きく関与する成長ホルモンやセロトニン・ドーパミンといったホルモンも減少してしまうことがわかりました。
これらホルモン環境の変化は、多くのホルモンの司令塔であり、身体全体を見守るにも大きな影響を与えるのです。